fumihumiのブログ

プログラミングの備忘録

ubuntu 16 に ruby on rails の環境を整える(備忘録)

タイトル通り、rails 環境構築のコマンドをメモって行くもの

  1. まずは必要そうなものを"apt"で入れる。
 sudo apt-get update
# sudo apt-get install vim 
 sudo apt-get -y install git curl g++ make
 sudo apt-get -y install zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev
 sudo apt-get -y install libyaml-dev libxml2-dev libxslt-dev
 sudo apt-get -y install sqlite3 libsqlite3-dev nodejs
 sudo apt-get -y install mysql-server
  1. aptでは古いものが入ってしまうので最新のrubyが入らない時がある。そのため、git clone で取得する。

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

  1. ~.bash_proifleに設定を追記  追記するのは下記記述。これをvim で書くか、もしくはその下にある "eval ~"のコマンドでも良い

vimでいじるのであれば、

eval "$(rbenv init -)"

コマンドで実行するのであれば。(下記:evalコマンド)

echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

その後。設定の読み込みをするため

source ~/.bash_profile

which rbenv としてpathが出力されればおk

  1. ruby install

install したいバージョンを探すため

rbenv install --list 
(installできる、rubyのバージョン確認。)
rbenv install 2.4.2
(2.4.2をインストール)
rbenv versions   

-> 2.4.2(installedしたバージョン)があれば成功

rbenv global 2.4.2   
rbenv rehash   
ruby -v 

-> 2.4.2になってれば成功

  1. rails install
gem install bundler --no-document   
gem install rails   
-> version指定したい場合は下記添付記事参考に 
> gem install rails -v 4.2.6 
installのあとは、 "rails -v"とし、確認します。
今回の場合は、Rails 5.1.4 がはいっていたのでそれが返却されました。
  1. おわり。

  2. rails new sample -d mysql (-d optionはdatabaseを指定するもの。) としてうまくいけば大丈夫かと

  3. 余談

  4. mysqlを使うので、gem mysql2 -v 0.4.9が必要だったんだが、エラーに遭遇(別記事にしようかな)

mysql client is missing. You may need to 'apt-get install libmysqlclient-dev' or 'yum install mysql-devel', and try again.

fumihumi.hatenablog.com


参考記事 rbenv で ruby の環境を整える - Qiita

Railsのバージョンを指定してinstallする方法 - Qiita